ソフトダウンロード
 
1:USBケーブルドライバー、2:Framework/VBPowerPacks、3:各機種毎のソフト
の順番でインストールしてください。

※パスワードは購入先にお尋ねください。
 
■USBドライバー
PL2303_Prolific_GPS_AllInOne_1013.exe 全ての機種に必要なUSBケーブル用ドライバー
■NKT-R3/R2/960純正プログラム
nkt_r3_for_jp101008.exe NKT-R3用メモリー管理ソフトウェア
nkt_r3_for_jp1846v1_11.exe NKT-R3mk2用メモリー管理ソフトウェア
nkt_r2_for_jp101008.exe NKT-R2用メモリー管理ソフトウェア
nkt_960_for_jp111007.exe NKT-960用メモリー管理ソフトウェア
■NKT-G4日本向け専用プログラム
dotNetFx40_Full_setup.exe @まずコレをインストールしてください(Microsoft純正)
VisualBasicPowerPacksSetup.exe A次にコレをインストールしてください(Microsoft純正)
NKTG4.exe NKT-G4用 メモリー管理設定ソフトウェア(2017/12/31までの試用期限あり)

G4はファームウェアVer1.0〜3.0とVer3.1(最新)で無線機モデルコードが異なります。
プログラム内で無線機のモデルコードの選択を間違えないようにしてください。


ファームウエアは【MODEキー】を押して MENU-SW-VER で 【F/ENTER】キーで表示されます
 
■Android JA/JB設定プログラム
NKT_JAJB.apk NKT-R3mk2/G4用 JA/JB 設定ソフト for Android up to os4.0
NKT専用のUSB変換コネクターが必要です


R2/R3用は動作環境 WindowsXP(32bit)を基本としております。
64bitやWin7/8でも動くという御報告をユーザー様から頂いておりますが
全ての環境での動作を保証するものではありません。

G4用はマイクロソフトの「.NET Framework4.0以上&VBPowerPacks」の環境が必須です。
WindowsXP(32bit)〜Windows8(64bit)まで動作するはずですが
全ての環境での動作を保証するものではありません。


USBドライバーについては、当方のWindows7/8では動作しております。
コントロールパネル→システム→デバイスマネージャ→ポート(COMとLPT)→ドライバー→ドライバーの更新
→コンピューターを参照してドライバソフトウェアを検索→コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択
→バージョン2010/03/12を選択→これで動くはずです。

Windows7/8はOSがドライバーの自動アップデートをしてしまいますので
使えなくなる度にこの作業が必要となりますが、動作はすると思います。







NKT-G4用JA/JB設定ソフト



NKT-G4用JA/JBメモリー管理ソフト


NKT-R3用メモリー編集ソフト

 

設定するポイント

Battery Save 必ずチェックしてください(受信時のバッテリーの持ちが非常に良くなります)
Squelch Level スケルチレベル:特に必要がなければ 2 で使います。
VOX 音声PTTコントロール:殆ど使いませんのでOFFでOK
TOT タイムアウトタイマー(連続送信タイマー):通常は60秒程度で良いでしょう
W/N アマ機はWide/特小機やFRSはNallow
BCL 他局が話している時に送信禁止するものです。通常はOFFで使います。
レピーター運用 受信を439MHz台。送信は受信周波数より5MHzマイナス。TX-Codeを88.5Hzに設定する

 

NKT-R2E用メモリー編集ソフト

設定するポイント

Model HNK960を指定してください
Battery Save 必ずチェックしてください(受信時のバッテリーの持ちが非常に良くなります)
Squelch Level スケルチレベル:特に必要がなければ 2 で使います。
VOX Level 音声PTTコントロール:殆ど使いませんのでOFFでOK
TOT タイムアウトタイマー(連続送信タイマー):通常は60秒程度で良いでしょう
Voice Announce English(英語)/Chinese(中国語)を選択できます。通常は英語が良いでしょう
BCL 他局が話している時に送信禁止するものです。通常はOFF(Disable)で使います。
W/N アマ機はWide/特小機やFRSはNallow
レピーター運用 受信を439MHz台。送信は受信周波数より5MHzマイナス。TX-Codeを88.5Hzに設定する